意外と知られていないEPAの効果

EPAという栄養素を、主にDHAと共に聞くことがあるのではないでしょうか。
EPAもDHAと同じくオメガ-スリー脂肪酸なのだが、DHAとは違ってあまり効果について詳しく知っている人はいないでしょう。
一番わかりやすい効果として挙げられるのは、「血液をサラサラにする」ことです。
EPAには、血小板が固まることを妨げる効果があるのです。
それ故に過剰摂取は出血時のリスクを若干高めてしまうのですが、適切な量であれば問題はありませんし、それ以上に危険な血栓等のリスクを下げることができるのです。
なお血液への効果だけでなく血管への作用もある為、血管をより健康に保ち、死亡リスクの高い多く病気を予防することが可能です。
血液、血管の両方に作用するEPAは、重病を防ぎ、長く健康でいる為には必要不可欠な栄養素と言えるでしょう。

 

因みにEPAですが、DHAと同じくサバやサケ等の魚類に多く含まれる栄養素です。
しかし、そうなると食事での摂取が大変でしょう。
更にEPAは熱に弱い為、調理によって大幅に減少してしまうのです。
ただでさえ摂取し辛い類の食品である上に生でなければ効率が悪いとなれば尚更大変です。
こういった時にこそ不足分をサプリメント等で補うのです。