動脈硬化や高血圧、認知症などに効果のあるDHA

DHAは、正式にはドコサヘキサエン酸と呼ばれる必須脂肪酸で、人の体内では中枢神経や目、心臓、精子などに存在しています。また、必須脂肪酸の中でもマグロやサケといった青魚や、亜麻仁油やえごま油などに含まれているオメガ3脂肪酸のひとつです。効果ですが、DHAを摂ると肝臓での中性脂肪の合成が抑えられます。中性脂肪とコレステロールはともに肝臓で作られ、血液中に放出されています。DHAによって中性脂肪の合成が阻害されたことで、血中の中性脂肪とコレステロールの濃度も減少します。その結果、動脈硬化のリスクも軽減します。中性脂肪とコレステロールは活性酸素によって過酸化脂質になりますが、この成分は動脈の内側に蓄積して血液の通り道をふさいでしまいます。DHAを摂取することで、この過酸化脂質の生成量が少なくなります。さらにDHAには赤血球を柔軟にする作用があります。柔らかくなった赤血球は、細い毛細血管内の移動が楽になるため、高血圧の予防になります。合併症としての心筋梗塞や脳卒中の予防効果もあります。その他、DHAは血液脳関門を通り抜け、学習や記憶に重要な働きをしている海馬に栄養分を届けます。脳内の神経細胞にはアセチルコリンが含まれていますが、DHAはアセチルコリンの作用を活性化します。そのためアルツハイマー型認知症の予防と改善効果が期待できます。